転職するにあたって一番必要なのは何か

転職をするにあたって、一番苦労したのが今まで自分がやってきたことに対する理解を得られるかどうかだと思います。

面接において面接のために雇われた企業の場合はともかく、その企業の人との面接の場合、今までやってきた事が理解されないと自分の経験やアピールが全く興味を持たれず良い結果にならないからです。

逆に言えば理解や興味を持ってもらえるなら今まで仕事で培ってきた技術とかの話より趣味や体力面で優れているというだけでも十分なアピールとなり面接が通りやすかったりします。新社会人の就職活動で面接は騙しあいなんて言われますが、転職の場合は如何に相手に興味を持ってもらえるかどうかが鍵となります。

そのためには転職を考えてる人は今自分が何をアピール出来て、どんな資格を持っているか等相手に伝わりやすく且つ共感を持ってもらえるものはどのくらいあるのかが重要となります。

今いる企業では持っていて当たり前の資格でも会社を辞め、別の会社に転職しようとする際に資格は面接時に非常に有効です。

何故なら口頭で説明しても理解されない場合があるからです、何故理解されないのか、それは面接をする人が現場を知らず資格や自社が何をしてるか程度の理解しかない面接官が多いからです。

そういった人達のためにも今自分がどんな資格を持っていて、それが自分のやっていた業務に関わってくるのか、それが相手に伝わりやすくなれば成程、面接官が貴方に興味を持ってもらいやすくなると思います。

興味を持ってもらえれば、それだけ相手から質問も来ますし、上手く出来た事を中心に説明すれば自己アピールに繋がりやすいです。

しかしどうしてもやってきた事が相手に理解されにくい場合もあるので、第二、第三の武器を持って臨むのがより良い方法だと思います。

武器は何個あってもよいです、その中で有効なものを選び使うこと事が寛容だと思います。そして時には変割球となるものを用意しておくのも良いと思います。仕事とは関係なくとも、自分という人間を知ってもらうためには必要だったりします。転職で必要なのは相手に興味を持ってもらえるか、理解されるか、要は共感されるのが一番だと思います。

医師 転職 産業医

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です